京つう

  本/マンガ/アニメ/ゲーム  |  関東地方

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年08月08日

破面(アランカル)

破面とは仮面を外して、死神の能力を手に入れようとする虚(ホロウ)の一団のことをいう。又、実際に仮面を外して死神の力を手に入れた虚をも指す。破面の成体は割れた仮面と白い死覇装を身に纏って、自らの真の姿と能力を刀状に封印した「斬魄刀」を携えているのが特徴である。特に大虚で破面化した破面は、破面化と同時に"孔"の部分をのぞくと人間と見分けが付かないぐらい同じような外見になる。大きさは人間とだいたい同じぐらいである。ただ、必ず人間の形態になれるのはヴァストローデ級の者に限り、ギリアン級・アジューカス級の者は破面化した時に虚の特徴を残してしまう場合もある。実際に虚の特徴が多く残っている者ほど知能が低いといわれている。
仮面の軍勢と同様に、虚の魂の限界を超えた戦闘能力を身に付けることができるとされ、その戦闘能力は非常に高いものである。特にヴァストローデ級は最初から護廷十三隊の隊長格の死神をも上回る恐るべき巨大な力をもっているので、特に崩玉によって生まれた破面は、尸魂界を裏切った藍染惣右介によってまとめられ、普段は虚圏(ウェコムンド)にある虚夜宮(ラス・ノーチェス)に住んでいる。そして、立場や生まれた順番を元に番号がつけられている。
  


Posted by ブロやン at 16:52

2007年08月08日

虚(ホロウ)

現世を荒らす悪しき霊体のことを意味する。その正体は何らかの理由で堕ちた人間の魂であるとされている。死神によって魂葬されなかった魂は、通常外部からの影響がない限り、数ヶ月、もしくは数年の時を経て胸に穴が開き霊子が霧散し再構成後、虚(ホロウ)となっていく。
「虚圏」と現世を自由に行き来できる神出鬼没の存在であり、その個体によって様々な能力を有しているので死神として戦うときはいつも違う状況になる。
だいたいが白い骸骨のような仮面を付けている。虚は最初に生前に想っていた人(家族あるいは恋人など)を襲う。虚が家族や恋人を襲う理由としては、虚化した際心を失った為と考えられているからである。それ故、心を補うため心を欲するようになり、魂魄を襲うというわけである。そしてそれが済むと今度は関わりのなかった他人を襲うようになっていく。
虚(ホロウ)はいくつかの階級に分かれて存在している。大型はギリアン級、中型はアジューカス級、小型はヴァストローデ級といい、小型になればなるほど強い。小型のヴァストローデは数体しか存在せず、その圧倒的な戦闘能力は隊長級に勝つぐらいと言われている。虚でもスペイン語もしくはそれに類似した言葉が使われている。例えば虚圏(ウェコムンド/Hueco Mundoのようにである。
  


Posted by ブロやン at 11:50

2007年08月08日

バウント

特殊な霊力を持つ死神から人間の魂魄を奪い糧とする者のことをさす。吸血鬼と同様のものと考えられる。技術開発局の不死の魂魄を創造する研究中に起こった事故により、偶然に作られてしまった。輪廻の途中だった魂魄と実験に使われた当時の技術開発局の者達の魂魄をベースに作られた人造魂魄に影響を及ぼし生まれてしまった。通常の人間と違って、魂魄さえとり続ければ不老不死であることができる。だが、直接生きた人間から魂魄を摂取するのは、暗黙の了解により禁止されている。これは生きた人間から魂魄を摂取することで、そのバウントは強大な力を得る代わりに、その内外に影響を与えること(現世と虚園をトンネルのようにして繋げる・大量に摂取すると老化現象が起こす等)になってしまうからである。その強大な力の反動からか生殖能力を有していないため、子孫を生み出すことができない。
リーダー格は狩矢神(かりや じん)で、トップクラスの力を持つ。尸魂界に渡って、死神に復讐する事が目的だった。昔の恋人だった芳野をビットの生贄にしたり、負けそうになった宇柿を迷わず見放すなど、実際は他のバウントを目的達成のための道具としてしか見ていない。
現世で一護と対決し、圧倒的な力の差を見せた。尸魂界に入ってからは、95話で一護・白哉と対決するが、決着は付かなかった。その後バウントの源である浄界章を体に取り込み、全ての死神や魂魄を道連れに爆発させようとする。その後双?の丘で再び一護と対決し、激戦の末に敗れて砂となり消滅した。
  


Posted by ブロやン at 09:51

2007年08月07日

商品展開

関連商品ではアパレル関連、フィギュア、バッグ類などが好調である。
ゲームも様々な機種に対応するものが売られている。プレイステーション系はソニー、任天堂系はセガと、ハードによって販売メーカーが異なり、登場するキャラクターも若干違いが見られている。原作で明かされなかった謎がゲームで判明することもある。浮竹、春水、元柳斎、乱菊、海燕といったキャラの斬魄刀の詳細が判明しており、原作を補完する役割も見せている。
PSPは以下の4種類。
「BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル〜」(2005年3月24日、PSP、ソニー・コンピュータエンタテインメント)
「BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル2〜」(2005年9月1日、PSP、ソニー・コンピュータエンタテインメント)
「BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル3〜」(2006年7月20日、PSP、ソニー・コンピュータエンタテインメント)
「BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル4〜」(2007年5月発売予定、PSP、ソニー・コンピュータエンタテインメント)
プレーステーションは以下の3種類。
「BLEACH 〜選ばれし魂〜」(2005年8月4日、プレイステーション2、ソニー・コンピュータエンタテインメント)
「BLEACH 〜放たれし野望〜」(2006年2月16日、プレイステーション2、ソニー・コンピュータエンタテインメント)
「BLEACH 〜ブレイド・バトラーズ〜」(2006年10月12日プレイステーション2、ソニー・コンピュータエンタテインメント)
DS、ゲームボーイ、ゲームキューブ、Wiiは以下の5種類。
「BLEACH DS 蒼天に駆ける運命」(2006年1月26日、ニンテンドーDS、セガ)
「BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌」(2007年2月15日、ニンテンドーDS、セガ)
「BLEACH アドバンス 紅に染まる尸魂界」(2005年7月21日、ゲームボーイアドバンス、セガ)
「BLEACH GC 黄昏にまみえる死神」(2005年12月8日、ニンテンドーゲームキューブ、セガ)
「BLEACH Wii 白刃きらめく輪舞曲」(2006年12月14日、Wii、セガ)
  


Posted by ブロやン at 10:52

2007年08月06日

ストーリー展開〜破面編

単行本で21巻~、 TVアニメ第110話〜で現在も続いているシリーズ。現在単行本は26巻まで発行されている。
ルキアを救い出し、見事尸魂界から一護達は帰還を果たす。またしても現世での虚退治に奔走する一護の通う高校に、奇妙な転校生・平子真子が現れた。彼は普通の高校生の仮面のしたに本当の本性である死神から虚の領域に足を踏み入れたもの「仮面の軍勢(ヴァイザード)」を隠していたのだった。一方、藍染の影を感じた一護の父である一心もひそかに死神に復帰をする。ほどなくして空座町に藍染の配下の破面(アランカル)が現れ、死神や人間たちはその驚くべき戦闘能力に驚愕する。

この事態に尸魂界はルキア・恋次・日番谷ら死神の隊長クラスの軍団を現世に送り込む。その直後、グリムジョーと複数の破面が襲来してくる。隊長格でも斬魄刀を開放した破面に苦戦させられる。なすすべもない自分の無力さを痛感した一護は、仮面の軍勢の元を訪れ、修行で内なる虚と戦いに自ら挑んでいく。一方日番谷達は、山本総隊長から藍染の驚くべき目的を告げられる。
  


Posted by ブロやン at 18:46

2007年08月06日

ストーリー展開〜救出編

単行本では14巻~21巻、 TVアニメ第42話〜第63話での展開。
懺罪宮に囚われていたルキアの元に見事たどり着いた一護は、ルキアの義兄にあたる六番隊隊長の朽木白哉と激しい戦いを繰り広げる。しかし、一護に斬魄刀戦術の最終奥義である【卍解】を修得させるために現れた四楓院夜一によって、戦いをやむなく中断させられてしまう。その後一護は、【卍解】を修得するため三日間修行を行うことになった。一方、十番隊隊長の日番谷冬獅郎は市丸と対峙するが、五番隊副隊長・雛森桃に藍染殺害の嫌疑を掛けられてしまい、刃を振るわれてしまう。

市丸の狙いがルキアの処刑にあると思った日番谷は、十番隊副隊長・松本乱菊と共に処刑を止めに急いで向かう。そして、突然変更された処刑日時の問題は、死神達の考えも二分することになる。処刑当日、織姫は十一番隊隊長・更木剣八とその部下達の協力により捕らえられた石田達を脱出させ、行動を共にする。そこに七番・九番隊の隊長格が現れ、更木剣八・斑目一角・綾瀬川弓親は隊長らと戦うことになる。そして恋次も白哉との戦闘を開始する。そして、ルキアが処刑されようとしたその瞬間、天踏絢(てんとうけん)を纏った一護が現れる。
  


Posted by ブロやン at 09:45

2007年08月05日

ストーリー展開〜死神代行編

単行本では1巻~8巻、 TVアニメでは第1話〜第20話で展開している。
主人公黒崎一護は霊が見える以外はごく普通の高校生である。特別に正義感が強いわけでもなく、しいて言えば家族や仲間を大切にしている男の子だといえるだろう。そんな普通の生活を送っていたある日、死神と名乗る朽木ルキアという女の子と出会う。最初一護は死神の存在を全く信じていなかった。しかし、自分では気づかないほどの巨大な霊力を持つ一護の魂を狙い、ついには家に人の魂を喰らう化け物、虚(ホロウ)が襲ってきた。家族を助けるために虚に立ち向かう一護。そして彼をかばったために、ルキアは重傷を負ってしまう。

絶望的状況の中、最後の手段として一護はルキアから死神の力を貰い、死神代行となって虚(ホロウ)を撃退することに成功した。しかし、ルキアは一護に死神としてのほとんどの力を与えてしまったために弱体化してしまった。そこでルキアは自分の力が戻るまで一護に死神代行を努めるように迫る。一度は断る一護だが、家族を救ってもらった恩のために死神代行を引き受けることになった。
  


Posted by ブロやン at 20:44

2007年08月05日

イベント

いろいろなイベントが企画されているのはブリーチの特長と言えるだろう。声優イベントや役者をフィーチャーしたイベントのほか、ロックミュージカルが好評である。2005年の夏から始まり、今年の3月・4月に新作のロックミュージカル第3弾がが東京と大阪で開催される。ストーリーはほぼ原作の漫画と同様で、昨年の青山劇場の公演では、1200席7公演で合計8400人を動員した。こうしたイベントの来場者は、10代から20代の女性がそのほとんどを占めている。毎年学校の休みである冬・春・夏に公演され、チケットは完売している。他にも東京有明のビッグサイトで開かれる東京国際アニメフェアなどのアニメのイベントにも出展している。
ここではブリーチ以外のキャラクターグッズの販売もされており、ステージイベントなども催されているが毎年ものすごい人気で、開場前からものすごい行列ができている。他にももちろん少年ジャンプのアニメフェスタや、公開ラジオに声優が出演するなど、いろいろなイベントを行っていて、その人気の高さを感じることができる。
  


Posted by ブロやン at 16:48

2007年08月02日

テレビ

2004年10月5日に放映がスタートした。2005年9月27日放送分までは、毎週火曜日18:30からの放送だった。2005年10月4日に放送されたスペシャル版を経て、10月18日より毎週火曜日19:30からの放送となった。現在はまた曜日が変わって水曜日19:30から放送中。今年1月からは「アランカル編」という新しい章がスタートしている。
テレビ東京系列6局の他、各地方局・BSジャパン・AT-X・キッズステーションなど21局ネットで放送している。アニメーション製作は、他にも少年漫画を数多く手がけているstudioぴえろが制作を担当している。ブリーチは2006年9月からカートゥーン・ネットワークでテレビアニメの放送がスタートしている。カートゥーン・ネットワークはアメリカを本拠地にして世界で配信しているアニメ専門チャンネルである。その他、カナダでも2006年から、アジアエリアでは2006年6月の台湾を皮切りに、シンガポール、香港で放送がスタートしている。欧州エリアでも今後スタートしていく予定だという。ブリーチも海外からの引き合いがとても強い作品である。  


Posted by ブロやン at 12:57

2007年07月15日

BREECH~ストーリーの始まり

舞台は東京都の架空の街・空座町。極度に強い霊感を持つ高校生黒崎一護が主人公。いやでも幽霊が見えてしまうという体質の持ち主である。髪の毛が生まれつき派手なオレンジで上級生や教師に目を付けられやすい。一見するといわゆる不良である。ただ、本人は勉強もまじめにしているので成績もよく、小学校から習っている空手のおかげで喧嘩はめっぽう強い。ある日、出会った幽霊の子供とのつながりから別次元の「ソウルソサエティ」と呼ばれるところから来た自らを死神と名乗る少女・朽木ルキアと出会い、その生活が一変してしまうというところから物語は始まる。

ルキアの追ってきた「虚(ホロウ)」と呼ばれる悪霊に襲われる一護の家族。しかし、「虚(ホロウ)」のねらいは霊の濃度が高い一護だった。一護は家族を巻き込んだことに責任を感じて「虚(ホロウ)」と戦うが、助けに入ったルキアが深い傷を負ってしまう。最後の手段としてルキアは一護に自分の死神の能力を与え、その結果ルキアの死神としての能力をほとんど奪ってしまうほどの強い霊的能力を得る。一護は死神代行として続々とやってくる「虚(ホロウ)」と戦う。  


Posted by ブロやン at 12:07

2007年07月11日

BREECHとは

ひょんな出来事から悪霊:虚(ホロウ)の退治者である死神になってしまった高校生、黒崎一護(くろさき いちご)とその仲間達の活躍を描いた漫画。2001年から週刊少年ジャンプで連載されている。週刊少年ジャンプの主要漫画の1つである。作者は久保帯人。第50回(平成16年度)小学館漫画賞の少年向け部門賞を受賞した。テレビアニメは現在3年目に入っている。コミックは26巻が発売され、累計3,500万部を突破している。少年ジャンプによるアンケート結果をみると、13歳男女がコアなファン層を占めているのようだ。商品展開としてカードゲームとビデオゲームソフトが市場を牽引している。またブリーチの登場キャラクターは非常に個性が際立っているため、フィギュア関連の商品も好調な動きをみせている。ブリーチのライセンシーはいま18や社にのぼり、その市場規模は約200億円ある。2006年12月には初の劇場版アニメが公開され好評だった。

人気の秘密はぱっと見て不良っぽい一護が虚(ホロウ)を切り倒す。何処にいようと虚の出る場所に駆けつけて襲われる人々を助けなくてはならない。その覚悟を聞かれ一護は、「受けた恩を忘れてへらへらしてられる程クズじゃない。」と言う。
正義感や使命のために戦うのではないようだが虚と戦う過程で描かれるさまざまな人間模様や心の動きを繊細に表した独特の世界観である。  


Posted by ブロやン at 02:23