京つう

  本/マンガ/アニメ/ゲーム  |  関東地方

新規登録ログインヘルプ


2007年08月05日

ストーリー展開〜死神代行編

単行本では1巻~8巻、 TVアニメでは第1話〜第20話で展開している。
主人公黒崎一護は霊が見える以外はごく普通の高校生である。特別に正義感が強いわけでもなく、しいて言えば家族や仲間を大切にしている男の子だといえるだろう。そんな普通の生活を送っていたある日、死神と名乗る朽木ルキアという女の子と出会う。最初一護は死神の存在を全く信じていなかった。しかし、自分では気づかないほどの巨大な霊力を持つ一護の魂を狙い、ついには家に人の魂を喰らう化け物、虚(ホロウ)が襲ってきた。家族を助けるために虚に立ち向かう一護。そして彼をかばったために、ルキアは重傷を負ってしまう。

絶望的状況の中、最後の手段として一護はルキアから死神の力を貰い、死神代行となって虚(ホロウ)を撃退することに成功した。しかし、ルキアは一護に死神としてのほとんどの力を与えてしまったために弱体化してしまった。そこでルキアは自分の力が戻るまで一護に死神代行を努めるように迫る。一度は断る一護だが、家族を救ってもらった恩のために死神代行を引き受けることになった。



Posted by ブロやン at 20:44