京つう

  本/マンガ/アニメ/ゲーム  |  関東地方

新規登録ログインヘルプ


2007年08月06日

ストーリー展開〜救出編

単行本では14巻~21巻、 TVアニメ第42話〜第63話での展開。
懺罪宮に囚われていたルキアの元に見事たどり着いた一護は、ルキアの義兄にあたる六番隊隊長の朽木白哉と激しい戦いを繰り広げる。しかし、一護に斬魄刀戦術の最終奥義である【卍解】を修得させるために現れた四楓院夜一によって、戦いをやむなく中断させられてしまう。その後一護は、【卍解】を修得するため三日間修行を行うことになった。一方、十番隊隊長の日番谷冬獅郎は市丸と対峙するが、五番隊副隊長・雛森桃に藍染殺害の嫌疑を掛けられてしまい、刃を振るわれてしまう。

市丸の狙いがルキアの処刑にあると思った日番谷は、十番隊副隊長・松本乱菊と共に処刑を止めに急いで向かう。そして、突然変更された処刑日時の問題は、死神達の考えも二分することになる。処刑当日、織姫は十一番隊隊長・更木剣八とその部下達の協力により捕らえられた石田達を脱出させ、行動を共にする。そこに七番・九番隊の隊長格が現れ、更木剣八・斑目一角・綾瀬川弓親は隊長らと戦うことになる。そして恋次も白哉との戦闘を開始する。そして、ルキアが処刑されようとしたその瞬間、天踏絢(てんとうけん)を纏った一護が現れる。



Posted by ブロやン at 09:45