京つう

  本/マンガ/アニメ/ゲーム  |  関東地方

新規登録ログインヘルプ


2007年08月08日

破面(アランカル)

破面とは仮面を外して、死神の能力を手に入れようとする虚(ホロウ)の一団のことをいう。又、実際に仮面を外して死神の力を手に入れた虚をも指す。破面の成体は割れた仮面と白い死覇装を身に纏って、自らの真の姿と能力を刀状に封印した「斬魄刀」を携えているのが特徴である。特に大虚で破面化した破面は、破面化と同時に"孔"の部分をのぞくと人間と見分けが付かないぐらい同じような外見になる。大きさは人間とだいたい同じぐらいである。ただ、必ず人間の形態になれるのはヴァストローデ級の者に限り、ギリアン級・アジューカス級の者は破面化した時に虚の特徴を残してしまう場合もある。実際に虚の特徴が多く残っている者ほど知能が低いといわれている。
仮面の軍勢と同様に、虚の魂の限界を超えた戦闘能力を身に付けることができるとされ、その戦闘能力は非常に高いものである。特にヴァストローデ級は最初から護廷十三隊の隊長格の死神をも上回る恐るべき巨大な力をもっているので、特に崩玉によって生まれた破面は、尸魂界を裏切った藍染惣右介によってまとめられ、普段は虚圏(ウェコムンド)にある虚夜宮(ラス・ノーチェス)に住んでいる。そして、立場や生まれた順番を元に番号がつけられている。



Posted by ブロやン at 16:52